トップページ > ハーブティーのおいしい淹れ方

お客様の声

いつでも美味しく飲めるハーブティーですが、淹れ方によって味が変わってしまう飲み物でもあります。
ですが、基本を押さえておけば誰でも美味しいハーブティーを入れることができます。
お気に入りのティーポットやティーカップでティータイムを楽しみましょう。

◆ 用意するもの
・ドライハーブ
・蓋がついているポット(急須などでもOK)
・茶こし(目の細かいものがおすすめ)
・お湯

抽出に使う器具は、化学変化を受けない物にします。

磁器、ホーロー、耐熱ガラス、ステンレス
アルミ、鉄 ×

 
 
ポットとカップに熱湯を入れて温めておきます。
95度以上の熱湯を使用します。
 
ポットが温まったら、お湯を捨て、
人数分のハーブをポットに入れます。
 
 
ポットに人数分の熱湯を注ぎ、
すぐに蓋をし蒸らします。
 
葉の場合は約3分、
実や根の場合は約5分おいて、抽出します。
 
 
 
ポットを軽く回し、お茶の濃度を均一にしてから、
茶こしを使ってカップに注ぎます。
 
最後の一滴は、ベストドリップといわれる、もっとも価値ある有効成分が凝縮されています。
必ず、最後の一滴まで注ぎ切りましょう。