トップページ > 法人向けサブスク


withコロナの福利厚生に
社員の自宅に毎月届く、ハーブティーのサブスク。

仕事中のコーヒーをハーブティーに変えることで、社員を守れることをご存じでしょうか。
コロナ禍で増えた在宅ワーク、社員のお悩みも変わってきています。

  • 長い時間同じ姿勢なので、肩こり、腰痛の助長。
  • 会社よりも冷房が効くので、冷える。
  • トイレも食事の場所も近く、通勤距離も無い為に、運動不足から足がむくむ。
  • 人と会わない為に、引きこもりになり、鬱っぽくなる。

などなど。
こんな時は、ハーブティーを飲んでみましょう。
 

ハーブティーをすすめる理由

ハーブに入っている成分には下記の効果が含まれます。

  • カフェインが入っていないから胃が荒れない。
  • 香りがよいので、リフレッシュとリラックス効果がある。
  • 自律神経が整うので、心が安定する。
  • 血流がよくなり、冷え、むくみ、肩こり、腰痛対策のサポートになる。


もし、仕事中にコーヒーを5杯以上飲んでいるなら、そのうちの1杯をハーブティーに変えることで、カフェイン中毒を防ぐことができる近道です。

カフェイン中毒とは
適量なら集中力を増すことや、利尿、解熱など、良い作用があるカフェインですが、
摂り過ぎると、神経過敏、興奮、不眠、胃腸の不調などを起こします。また、依存性があるので、離脱症状にも注意が必要。

※ハーブは民間療法として健康をサポートする薬草です。

ハーブティーの法人向けサブスクなら、社員様のご自宅に、毎月ハーブティーをお届け。
1か月1512円(1杯151円)で防げます。

例えば

毎月変わるブレンドなので、味に飽きない。

実際に、職場でハーブティーを飲んでいる方のご感想

・ハーブティーを飲むようになって思うのが、まず、胃がすっきりしていること。以前はコーヒーを1日に何杯も飲んでいたせいか、夕方には胃が重く、夕食時には胃がもたれていました。今では、それがなく、おいしく夕飯が食べられます。

士業 30代男性

・在宅勤務が終わると、すぐに保育園へ子供を迎えに行き、毎日バタバタ。ストレスもたまっていました。でも、休憩中のハーブティーで、気持ちが切り替わって、子供にも優しく接することができます。

会社員 30代女性

・仕事柄、神経をとても使うこともあるし、時にはお客様の対応で気持ちが落ち込むことも。そんな時に、ハーブティーを飲むと、少し気持ちが前向きになれます。

病院勤務 40代女性

・ハーブティーを飲み始めて半年ほどになりますが、そういえば、お通じがよくなっている気がします。在宅勤務が増え、運動不足のせいか、便秘気味だなと思っていましたが、最近はすっきりしています。そのせいか、お肌の調子も良いです。

契約社員 50代女性